Blog&column
ブログ・コラム

怪我をしにくい野球選手を育成するためには

query_builder 2021/03/17
コラム
sport-team-baseball-children
野球は怪我をしやすいスポーツです。
怪我は予測できない場合が多いので、どんなに注意をしても怪我をしてしまうことはあります。
しかし、できることなら怪我をしにくい野球選手を育成したいですよね。
そこで今回は、怪我をしにくい野球選手を育成する方法をご紹介します。

▼股関節の重要性
怪我を予防するためには、股関節が大切です。
打撃をするときは体重移動や回転をする際に股関節を使い、投球をするときは股関節が柔らかいほうが投げやすくなります。

股関節が固いと効率や性能が下がってしまい、体を上手く動かせなくなってしまうので怪我の原因となります。
そのため股関節は、ストレッチを中心にトレーニングしておく必要があります。

▼筋トレは十分に
野球をする前は必ず筋トレをおこないましょう。
筋トレは筋肉量を増やすことができ、体を上手く使えるようになります。
また怪我の予防もできるので、まずは筋トレを十分におこなってください。

▼怪我をしてしまったら
もし怪我をしてしまったら、何故怪我をしてしまったかよく考えましょう。
怪我の原因を踏まえ、今後のトレーニングに活かすようにしてください。
怪我をしてしまった箇所は安静にし、動かしても問題ない場所は可能な限りトレーニングを続けましょう。

▼まとめ
野球をするうえで怪我を絶対防ぐことは不可能です。
しかし、怪我のリスクを下げることは可能なので、ぜひ今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね。

また当店は、野球選手専門のセラピーです。
野球をする方の心身のサポートをしているので、何かお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

NEW

  • ミネラルファスティング

    query_builder 2021/02/19
  • 野球にも使用可能!スポーツメガネとは

    query_builder 2021/04/09
  • 子供の野球スパイクの種類について解説

    query_builder 2021/04/05
  • 子供向け!野球のルールについて解説

    query_builder 2021/04/01
  • 子供に野球を習わせるメリットについてご紹介

    query_builder 2021/03/28

CATEGORY

ARCHIVE