イップスアプローチ

故障の原因を見つけ、動き出すキッカケを作り、軌道修正しながら出口までの道案内をいたします。

3つの独自のアプローチ
Point
1

メンタルアプローチ

原因究明、脳の仕組み、思考の調整、言語化、ルーティーンを取り入れることによりトラウマをリセットします。

Point
2

コンディショニングアプローチ

柔軟性、筋力、安定性、体幹主動をトレーニングすることにより、必要な動きを出せる身体機能を身につけます。

Point
3

パフォーマンスアプローチ

投球概念の再構築、視線のコントロール、スムーズな運動のつながりを習慣化します。

 

イップスとは?

これまでできていた運動動作が心理的原因でできなくなる障害とされています。現在はスポーツだけにとどまらず、芸術やビジネスシーンなどさまざまな分野でも言われるようになりました。一般的にはメンタルが弱いとか技術が低いなどといったマイナスのイメージが強いですが、実は能力が高く、向上心の高い選手だということを教えてくれている神様からの贈り物なのです。そして、自分の限界を超えるチャンスとも言えます。
 

イップスを克服するのが難しい理由

自分自身がどうしてそうなってしまうのかがわからず、他の選手や指導者といった周りの人たちに状況を理解してもらいにくいということです。つまり、イップスを克服するためには、イップスとはどのようなものかを理解すること、客観的に評価・指導してくれる専門家に頼ること、周りによき理解者がいることが重要です。
 

まずは無料相談をご利用ください。

試合になるといつものプレーができない方、特定のプレー(バンド処理、セカンド送球、バックホーム、バッティングピッチャーetc.)がうまくいかない方、ノックがうまく打てない指導者など、まずは以下のフォームから「無料相談希望」と書いてお知らせください。
 

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事